消化器内科|堀江内科クリニック|京都市右京区 嵯峨嵐山・太秦【 内科・消化器内科・内視鏡検査 】

診療のご案内

消化器内科

慢性胃炎(いえん)・胃潰瘍(いかいよう)

慢性胃炎(いえん)・胃潰瘍(いかいよう)

ピロリ菌(きん)の治療

胃は日本人が最も弱い臓器の一つです。
その原因は、ヘリコバクター・ピロリという菌が最大の原因であることが知られております。

ピロリ菌は、胃潰瘍や胃がんを引き起こす原因であるため、胃炎の時点で治療をされることをお勧めします。最近は、胃と全く関係のない、特発性血小板減少症、リンパ腫だけでなくアルツハイマー型認知症などの原因とも言われていますので、是非、ピロリ菌の検査を行ってください。除菌は、1 週間クスリを飲むことでほとんどが退治できます。

ストレスや食べ過ぎで胃が痛いのかな?
と思われている方は是非、受診してご相談ください。

大腸ポリープ・大腸がん

大腸ポリープ・大腸がん

大腸がんは日本人の一番多いがんです。
進行しても症状には出にくいため、便ピやお腹の痛み、はい便時の出血がなくても、貧血がある場合や、タバコ、お酒、油っぽい食事の好きな方は、40歳を過ぎれば、一度は検査されることをお勧めいたします。

大腸がんになるまでのポリープの段階で治療できれば、怖いことはありません。
ポリープは内視鏡で治療が可能ですので、最初は、勇気がいるかも知れませんが、
自分の人生のため、大切な方のためにも、是非受けてください。

肝臓(かんぞう)の病気

肝ぞうは現代の食生活、嗜好により、日々酷使されています。
肝ぞうは大きな臓器ですので、肝硬変(かんこうへん)や肝臓がんになるほど悪化しないとなかなか症状が出ません。
生活習慣に問題がなくてもB 型肝炎やC 型肝炎などのウイルス感染が原因となることもありますので、
体調の異変に気づかれたり、検診で異常が指摘され方は、受診してご相談ください。

慢性すい炎・すい臓がん

すい臓は何をする臓器でしょうか。
あまり、知られていませんが、糖質や脂肪、タンパクを分解する消化こう素を産生し、
また血液中の糖を細胞に取り込んで血糖を下げるホルモン(インスリン)を分泌しています。
胃の後ろにある薄っぺらな、“めんたいこ” みたいな臓器ですが、かなり重要です。

現代の食生活により、すい臓は泣いています。
すい臓がんも増加傾向にあり、がん死亡の4番目であります。
膵臓の診療は一般的に難しいですが、意識的に注意することで早期に診断したいものです。心配な方は、ご相談ください。

便秘 ( ベンピ )・下痢 ( ゲリ )

便秘(ベンピ)・下痢(ゲリ)

便ピやゲリは毎日の食事に影響されますが、
実は体質やストレスが原因のことも多いのです。
まずは、血液検査や内視鏡などで
大きな疾患がないことを確認することが不可欠です。

体質やストレスが原因の場合は、
西洋医学、東洋医学、食事療法、運動療法などを総合した治療が必要です。
どこかに必ず、治るための答えがあるでしょう。