内視鏡内科|堀江内科クリニック|京都市右京区 嵯峨嵐山・太秦【 内科・消化器内科・内視鏡検査 】

診療のご案内

内視鏡内科

内視鏡内科

実績のある内視鏡専門医が
苦痛の少ない安心で
精度の高い検査を行います。

日本人にもっとも多い、胃がんや大腸がんを早期発見し、
治療するためは、内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)を定期的に行うことが大切です。

当院では、少しでも不安や苦痛の少ない内視鏡検査を目指しています。
細いカメラを使用し、鎮静剤を使用すれば、ほとんど眠っているのと同じ状態で
不安・苦痛を感じることなく、検査を受けることが出来ます。

内視鏡検査は苦しいというイメージをお持ちの方も、
気軽に検査を受けていただきやすい環境を整えておりますので、
是非、当院を受診してください。

当院の内視鏡が選ばれる理由

当院の内視鏡検査の特長

最新の内視鏡システム

特殊光を駆使した質の高い内視鏡システム

当院では高画質な、最新のハイビジョン内視鏡システムを導入し、胃カメラ・大腸カメラともに、熟練した専門医が特殊光を駆使した質の高い診断を心掛けております。

麻酔(鎮静剤)の使用で、できる限り苦痛の少ない内視鏡検査

できる限り苦痛の少ない内視鏡検査

当院では胃カメラ・大腸カメラとも、麻酔の使用が可能で眠りながら楽に検査が受けられます。安全に行うための生体監視モニターを設備しており、万が一、麻酔が効きすぎても迅速かつ安全に対処出来るよう環境を整えております。

胃カメラは検査方法が選べる

当院では、口から挿入する「経口内視鏡」と、
鼻から挿入する「経鼻内視鏡」のどちらかを選択していただけます。

鼻から細いカメラを入れる
経鼻内視鏡

使用するカメラは約6mm の細い内視鏡です。「オエっ」となる、のどの反射はカメラが舌のつけ根を圧迫することによって起こりやすくなりますが、鼻から通ると、あまり舌のつけ根を圧迫しないため、咽頭反射の不快を感じにくく検査を受けることができます。

そのため、検査中、ご自身の胃の中を見ながら、医師からの説明を聞くことも可能です。

※鼻の穴の狭い方は鼻出血の危険性があるため、避けたほうが良いです。

口から高画質のカメラを入れる
経口内視鏡

使用するカメラは約9mm です。出血性胃潰瘍や、異物誤嚥の際は、止血処置や異物回収などの処置も可能です。検査では胃の中をジェット送水できれいに、胃粘膜表面の粘液を洗浄することが可能なため、時間が短縮し、精度の高い検査が可能です。胃炎の高度な方や鼻の穴の狭いかたに適した検査です。

口からの場合、通常はのどの麻酔を行いますが、一般に反射が出やすいためしんどい検査ですが、少量の麻酔を使用すれば、ほとんど眠っている間に検査を受けることができ、たいへん楽です。のどの麻酔を省略すれば、食事もすぐにとることができるメリットもあります。

経口内視鏡と経鼻内視鏡の比較

経鼻内視鏡
直系約6mm の経鼻内視鏡

大腸カメラは炭酸ガスを使用し、お腹の張りを軽減!

大腸内視鏡検査後のお腹の張りを軽減する炭酸ガスを使用

当院では検査後のお腹の張りを軽減する炭酸ガスを使用しています。

炭酸ガスは空気と比べ極めて吸収がよく、腹部の張りもすぐに改善していきます。
従来の空気を入れて大腸を膨らませて行う場合に比較し、
検査中・検査後の苦痛を減らすことが出来ます。

日帰り大腸ポリープ治療

当院では大腸カメラで、ポリープが見つかった際、その場で内視鏡的に切除を行うことが可能です
検査だけでなく、同時に治療を行うことで、効率的に、お身体の負担を減らします。
ポリープが成長し、がんなってしまう前に治療することで、大腸がんの予防ができます。

大きな病院での治療が望ましいポリープがあった場合には、紹介状を作成させていただきます。

ガイドラインに基づいた感染症対策

内視鏡の洗浄と高水準消毒を実施

内視鏡による感染症対策は厳重に行っております。

感染症を防ぐため、ディスポーサブルの道具を採用し、カメラはお一人ずつ使用ごとに、日本消化器内視鏡学会のガイドラインに基づいた、内視鏡の洗浄と高水準消毒を実施しております。患者様には感染に対する不安を感じることなく、安心して検査を受けていただくことができます。

胃カメラ検査

のど~食道~胃~十二指腸まで観察することが出来ます。
症状が出るまでの、がんや潰瘍、ポリープなどを、早い段階で見つけることができます。
日本人は胃がんや胃潰瘍といった疾患が多く、胃の弱い民族ですが、胃カメラを行うことで、その原因とされるピロリ菌を診断する
ことが可能です。ピロリ菌の除菌は保険がききますので、ピロリ菌の駆除を行い、健康な胃をとり戻しましょう。

胃カメラ検査は
このような方におすすめ

  • のどのつかえ感、胸焼け、胃痛、胃もたれ、げっぷ、吐き気、食欲不振など
  • 体重の減少
  • 家族に胃がん、
    消化管のがんの方がいる方
  • 胃潰瘍や慢性胃炎と
    言われたことがある方
  • 検査を受けたことのない
    40 歳以上の方

胃カメラ検査で発見できる疾患

  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 胃炎(いえん)
  • 胃潰瘍(いかいよう)
  • 胃ポリープ
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍
  • など

ピロリ菌検査・除菌について

ピロリ菌検査・除菌

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは胃の粘膜に生息する細菌(さいきん)で、
胃かいようや胃がんなどの色々な病気の原因となる病原体です。
日本人の中高年の約過半数、またがん患者の多くがピロリ菌に感染していると言われています。

当院では、胃カメラの際にピロリ菌の検査を行う事も可能です。
除菌治療、除菌後の効果判定も当院で行うことができますので適宜ご案内いたします。

胃カメラ検査の流れ

検査予約

胃カメラ検査の流れ

受診の際、ご相談されるか、お電話やネットからもご予約出来ます。
症状が強いかたや、緊急性のある方は、当日予約でも、できるだけ対応させて頂きますが、事前に受診またはご予約して頂くと、スムーズに検査が受けられます。

血圧の薬や心筋梗塞や脳梗塞で血を固まりにくくする薬を内服している方は、朝早めに、内服をしてください。糖尿病の薬・インスリン注射を使用している方は、朝は休薬する必要がありますので事前にお伝えください。

検査当日

朝食は食べずに、検査予定時刻の15 分前に当院へお越しください。
当日、胃カメラをご希望の方は10 時までにご連絡いただきましたら、来院時間をご案内させていただきます。

来院後、胃の中の粘液を分解する液を飲んで頂き、鼻やのどなどの麻酔を行うか、点滴から麻酔( 鎮静剤) を投与して検査開始です。
検査時間は3~5 分程度です。必要に応じて、生検により組織検査やピロリ菌の検査を行います。

※麻酔を希望する場合、基本的には車の運転ができませんので医師にご相談ください。

胃カメラ検査の費用

下記の費用のほか、薬剤料や注射料などの実費が別途かかります。

内視鏡
検査費用
3割負担 1割負担
胃カメラ
( 観察のみ)
約5,000円 約2,000円
胃カメラ +
生検
約9,000円~
14,000円
約3,000円~
5,000円

大腸カメラ、
日帰り大腸ポリープ治療

おしりから内視鏡を挿入し、直腸~大腸全体を直接観察する検査です。
全く症状には現れない大腸ポリープ、便秘や出血の原因となる大腸がん、慢性に続く腹痛や下痢の原因となる
特殊な大腸炎などの診断に有効です。
もし、大腸にポリープが見つかったら、その場で、日帰りポリープ治療をいたしますのでご安心ください。

大腸カメラ検査は
このような方におすすめ

  • 血便が出る
  • 便秘や下痢を繰り返す
  • 市の検診で便潜血検査で陽性だった
  • 家族に大腸がんの方がいる
  • お酒をたくさん飲まれる方、
    タバコを吸われる方、肥満の方
  • 40 歳以上(無症状・快便でも)で、
    一度も大腸カメラ検査を受けていない方

大腸カメラ検査で発見できる疾患

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • クローン病や潰瘍性大腸炎
    (かいようせいだいちょうえん)
  • その他のいろいろな腸炎
  • 大腸憩室症(だいちょうけいしつ)
  • 痔(じ)
  • など

大腸カメラ検査の流れ

外来受診

大腸カメラ検査の流れ

まずは外来受診していただき、症状をお聞きしながら医師が診察をいたします。
診察で大腸カメラが必要と判断した場合、検査日程はご相談して決めます。

検査前日

  • 大腸に便が残らないようにするため専用の食事パックや、
    消化の良い食べ物を指導しますので、それ以外は召し上がらないでください。
  • 夕食は20 時までにお摂りください。
    水分(お水・お茶、スポーツドリンク)の摂取は可能です。
  • 就寝前に下剤をお飲みいただきます。

検査当日

朝からお食事は食べられません。
水分(お水・お茶、スポーツドリンク)の摂取は可能です。

午前中に洗腸剤を約2 時間かけて服用頂きます。
腸をきれいにする洗腸剤は通常ご自宅または、クリニック内で飲用していただきます。

※排便がない場合、腹痛が見られる場合は、ご連絡お願いします。

ご来院日

排便内容が薄黄色の液体だけになりましたら、指定の時間に当院へお越しください。

検査の開始

大腸カメラ検査

来院後、当院でご用意する検査着に着替えていただきます。
麻酔( 鎮静剤) を用いた大腸カメラをご希望の方には、点滴を行い、
検査前に少量の麻酔を静脈に投与します。

  • 検査時間は10 分~ 15分程度です。
    腸の状態により検査時間が長引くことがあります。
  • 検査中に切除可能な大腸ポリープがあった際には同時に切除が可能です。

検査の終了

リカバリールーム

検査直後は腸の中にガスがたくさん入っている状態なので、お腹が張っています。
当院では、送気は炭酸ガスを使用しており、比較的、張りは緩和されていますが、我慢せずにガスを出してください。

機械から入れたガスなので臭いはありません。
ガスを出していけばお腹の張りも改善していきます。

麻酔を使用した方は、30 分程度、薬の効果がきれるまでリカバリールームにてお休みください。

検査後

医師が実際の検査画像をお見せしながらご説明いたします。

生検やポリープ切除を行った場合は、病理結果は約2 週間後に外来でご説明いたします。
麻酔を用いて検査をした場合、安全のため検査後の運転は避けてください。

大腸カメラ検査の費用

内視鏡
検査費用
3割負担 1割負担
大腸カメラ
( 観察のみ)
約5,000円 約1,700円
大腸カメラ +
生検
約9,000円~
14,000円
約3,000円~
5,000円
大腸カメラ +
ポリープ
切除
約20,000円~
27,000円
約7,000円~
10,000円

※専用の食事、検査着、薬剤料や注射料などの実費が別途かかります。

※病理の個数などにより費用が異なります。